「副業の準備を今のうちに」

「副業の準備を今のうちに」

今、企業は課題に応じて必要なスキルを持った業務のプロと契約することが増えている。これは変化の速いIT業界に多い。

働く人のうち正社員以外は4割。企業の寿命が短くなり、正社員はリスクだと考える人が若者が増えてきている。また、就職すれば生涯安泰。それは過去のことだとわかっているのにそんな考えから抜け出せない中高年が多く、副業に励む若い人に不快感を持つ人も少なくない。

副業しているのは35歳以下がほとんど。会社員は50代に入ると役職定年で給与ダウンし、閑職に回され、転職も難しく会社にしがみつくしかない。であれば副業を通じて定年後も出来るやりがいのある仕事を見つけたほうが良い。その為には、40歳までに社外でやりたい仕事を考えながら働く。勉強会に行ったり、人脈を広げる準備が必要。今後、働き方改革で自分の時間が増え、AI導入で誰もができる仕事が減り、専門性の高い仕事が重要になることにより社内外で得た知識・スキルを仕事に生かす重要性が高まってくる。

文/島崎淳 (Jun Shimazaki)