FINES BLOG

あなたの見ている世界はどんな世界ですか?

皆さん、こんにちは。今日は私、前川原が担当させていただきます。

皆さん、家族や友人、会社の方との人間関係で悩まれたことありませんか?私は、派遣の営業とコーディネーターを兼務しており、多くの方とお会いする機会も多いので、悩みを聞く事も多いですし、自分自身で悩むことも多いです。

人との関わりから学ぶこともとてもたくさんあるという事も知っています。なので、今の仕事を続けているのですが、人間関係は仕事辞める決断をさせるぐらいの大きな問題であることも事実です。

もし、人との関わり方が楽になったら・・・

さて、そんなヒントになればという事で、最近私が学んだ事をお伝えしますね。

人の心理や脳にはそれぞれの違いがあるのはお分かりだと思います。最近では、男性脳と女性脳があると解明されたというぐらいですので、本当に色々な違いがあるのだと思います。

この、違いが人間関係の難しさであり面白さでもあります。

例えば、下の画像はどんな絵ですか?

だまし絵

 

同じ絵を見ても感想や見え方は人それぞれ違うと思います。これは、人が現実を自分のフィルターを通してみているから起こる違いなのです。

ボタンを押したら必ずPCが立ち上がるというような機械的な事は人には起こらないという事なんです。

例えば、同じ材料、器具を置いて、数名に『おにぎりを3つ作ってください。』とお願いします。

すると、同じ形、同じ大きさのおにぎりが出来上がってくるでしょうか?

きっと、違いますよね?それが人間の違いになります。

それだけ、自分が見ている世界は自分の主観によってつくられているという事なのです。

そう考えると、人は何か癖や思考を持っており、無意識のうちにその人の中で判断しているのだと思いませんか?

母親が子供を叱るとき、上司が部下を注意するとき、『何故言った通りにできない?』という事があると思います。

上司・部下

何故言った通りにできないのか?考えてみてください。母親や上司が思い描いている結果と子供や部下が思い描いている結果が違うからではないでしょうか?

そして、子供や部下はその時どう思うでしょうか?きっと、『一生懸命やったのに認めてもらえない』、『言っている事が分からなくて辛い』と思うのではないでしょうか?それが、人間関係の溝を作ってしまうのかもしれません。

私も良く感じることがあります。『こんなこと出来て当たり前』、『常識が無い』、『もっとこうすればいいのに』と。

でも、それは自分のフィルターを通して判断をした結果でしかないのです。そして、相手がどのようなフィルターを通して判断をしているのかが分かったら、きっともっと相手の理解できる話し方が出来るのかもしれません。

ついつい、自分のフィルターが他の人も同じだと考えてしまいがちですが、人との違いを知ることで今以上に人との関わりが広がり、自分にはない価値観や判断から刺激を受けることができたら、楽しいとおもいませんか?

今、自分の見ている世界が他の人も同じではない事を意識しながら、一人ひとりの見ている世界を共有できたらいいなと実感しています。

販売のお仕事も営業のお仕事も、人と接する事が多い仕事だからこそ、人との関わり方については、いつも意識をしてお仕事したいものです。まだまだ、出来ていないので、これからも勉強したいと思っています。

では、また何かいい情報があったらお伝えしていきたいと思います。

 

 

new & news