エッ!ラオックスと・・・?

オンワードホールディングスとラオックスとが合弁企業を立ち上げました。オンワードジェイブリッジと言います。

新会社設立は新たな事業領域を開発し、グローバル戦略を加速する目的・・だそうです。

インバウンド消費や海外市場での消費に対して商品の開発・サービスを提供することで収益拡大を目指すというものだそうです。

もはやアパレルメーカーがハウスブランドを開発し、マーケットに提供するというようなスタイルは化石化と化しているのではないか・・・とまで思ってしまう昨今である。

今回の場合オンワードが有する企画生産基盤を活かし、生活文化製品のモノづくりを行いそれをラオックスが運営するECサイトや日本国内での免税店舗などで販売し「ジャパンクォリティー」を発信するというもの。

もはや異業種とのコラボレーションの加速化が一際目立つ時代に突入したという感じです。

数年前に家電量販メーカーとユニクロがコラボし話題になりましたが今はインバウンド消費者のたむろ場となっている現状。

各アパレルメーカーにはもうひと暴れしてもらいたいが水面下で新企画を練っているという情報も中にはあります。業界全体何とかV字回復してもらいたいと切に願っている。

紹介DIV  関根

new & news