フライフィッシング

前回、「英国スポーツ」に付いてのコラムで、英国人が自分で行なうスポーツの人気ナンバー・ワンはフィッシングだと書きました。フィッシングと言っても、様々な釣り方があります。典型的なものとしては、餌釣り、ルアーフィッシング、フライフィッシングでしょうか。今回はその中でも、英国発祥のフライフィッシングについてです。その前に、皆さんがイメージされる英国で最もポピュラーな釣りと言えば、フライフィッシングと思われがちですが、実は英国で一番人気なのは餌釣りです。特にカープフィッシング(鯉釣り)が人気で、各地でトーナメントが行われております。英国の鯉は、日本の鯉のように精悍な美しい体型をしておらず、非常にボッテリとしています。個人的には釣りの対象魚としては、あまり魅力を感じませんでしたが、トーナメントで重さを競うには適しているのでしょう。

さて、フライフィッシングですが、これは英国式の毛針であるフライを使う釣りです。毛針は、主に鳥の羽やウサギなどの毛を昆虫(フライ)に似せて製作します。水面に浮くように、羽や毛で作った針なので、オモリは使わず、特殊な釣り糸(ライン)自体の重さによってフライを水面に投入します。ルアーフィッシングであれば、ルアー自体の重さで遠方に投入する事は簡単ですが、フライフィッシングではラインを思うようにあやつる事(キャスティング:英国風に発音するとカースティング)を習得する必要があります。更に、毛針の種類も非常に多岐に渡り、季節によって川や湖に生息する昆虫の種類が変わるため、どの毛針を選択するかというのも重要な要素になります。

なんか面倒くさいですよね?しかし、良い事も沢山あります。

1)    英国発祥であるだけにファッショナブル。下は長靴や胴長(ウェーダー)を履いていても、上半身は、ネクタイをしてツイードのジャケットを着用している人もいます。

2)    餌釣りのように、エサを準備する必要が無い。○○の幼虫とか、針に付けるのが苦手な人でも、フライフィッシングであれば、全く心配なし。何しろ鳥の羽ですから。

3)    ある程度経験を積まないと、魚を釣る事が出来ない事。餌釣りやルアーフィッシングだと、比較的簡単に水面や水中にエサを投入する事が可能なので、初心者がベテランよりも多く魚を釣ってしまう事があります。一方フライフィッシングの場合は、初心者は絶対にラインを思うようにあやつれない(前に飛ばせない)ので、ベテランが初心者に対して威張っていられます。(セコイ!)

長くなりましたので、フライフィッシングのファッションに関しては、次回に譲ります。

田辺

new & news