休日の過ごし方

皆さん、こんにちは。ファインズ東京の前川原です。

皆さんは映画好きですか?私は、ここ数年で好きになりました。映画って、見る人によって色々な見方感じ方があり、多くのメッセージ性があって面白いですよね。

先日、FURY(フューリー)という映画を見てきました。既にご覧の方もいらっしゃいますかね?

poster2

http://fury-movie.jp/

※FURYとは、激怒、憤激、激情という意味だそうです。

11月28日公開のブラッドピットの主演・製作総指揮で第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマです。

この映画を見る前は、戦車を題材にした映画も初めてでしたが、たった一台の戦車で戦えるのか?という疑問と、戦車ってどんなものなのか自体良くわからなかった私。とても勉強になりました。

そして、映画館に入って一番感じた事。それは、年配の方々がとても多いことでした。その時代を身近に感じていた方々が興味を持って来場されていたのだと思いました。

私はその時代を知らない世代ではありますが、映画の内容と周りの方々を見て、何とも言えない気持ちになりました。

戦争が引き起こす悲劇、そのただなかで多くの葛藤と心傷を抱えながら戦う軍人たちの苦悩。そんな終わりの見えない状況の中でさえも、ブラット・ビット演じる指揮官の姿勢と信念にとても感動しました。

どんな状況であっても自分自身の役割と信念を曲げない強さと部下を信頼し守り抜く責任感。そして包容力。そんな人の下だからこそ命の危険があったとしてもついていこうと思えるのだと感じました。

現代社会ではそこまで、追い込まれる状況は無いですが、どんな時代でもそして、国や文化を超えて、カッコよく素敵だと思える人の魅力に変わりは無いように感じました。

男性と女性では、また違うのかもしれませんが、映画を通して色々と考え学ぶ良い時間になりました。

具体的に何が出来るかはわかりませんが、映画を見て感じた何かを形に出来るよう前進したいと思いました。

また、何か感じる映画に出会ったら、ご紹介したいと思います。

みなさんも、その時に何を感じ、何を思うかという自分の心の変化を大事にしていくと、何か答えが見えてくるかもしれませんよ。

 

 

new & news