女性の活躍できる環境を作りましょう!

皆さんこんにちは。
本日は、前川原が担当させていただきます。

今日は、既に目にされている方もいると思いますが、改めて8/18(月)に投稿されていた、Yhooニュースをご紹介します。

『28歳』は女性の分岐点

女性なら誰しも考える結婚、出産。
仕事を続けるのか、辞めるのか。
20代は色々と悩みますが、30歳を目前に色々な事が頭をよぎります。

昔に比べ、結婚、出産後も働き続ける女性が少しずつ増えてきたとはいえ、仕事と家庭の両立はまだまだ難しいのが現実です。
お子さんのいらっしゃるスタッフさんが、保育園の時間を気にして、お仕事が見つからず、時間の自由がきくパートやアルバイトを探すケースが多いのが現状です。
それでも保育園の金額を考えると、働いた金額と、保育園の金額があまり変わらず、結局保育園に預けずに働かない事を選択する方もいらっしゃいます。

一方で、女性の採用比率が高まった企業では、女性にいかに活躍してもらうかに頭を悩ませているようです。そうした企業等の間で、『28歳』をターゲットにした、キャリア形成を考える取り組みが広がっているそうです。

こちらをご覧ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140818-00000006-mai-soci

20代の頃は、私も仕事、結婚、出産の事を良く考えていました。
仕事では役職に就いたわけでもなく、それなりに仕事をしており、30歳ぐらいには結婚をして、出産をして・・・と考えておりました。
残念ながら、理想は現実にはならず、30歳を迎えた時、『20代の仕事の仕方ではまずいぞ!!』と危機感を感じ始め、仕事への向き合い方が変わりました。
『これから、自分が結婚をして出産をするならば、今何をしておくべきか?』
『万が一、今の会社を辞めたとしても、社会に復帰し活躍できる資格や経験を身に付けたい』と思うようになりました。
今はまだ子供はいませんが、『子供が出来たら?』をいつも考えながら仕事をしています。

私自身が20代~現在もキャリアについて考えることが多かったからかもしれませんが、自分自身のキャリアを考えることは、色々な状況に対応する力をつける事だと思います。
転職をする際も、同じ会社で仕事を続けていく際にも『自分自身がどう生きていくか?』を考えることは、何よりも大事な事だと考えています。
これは、女性としてだけではなく、生きていくという意味でもとても大切な事だと思っています。
その生き方(キャリア)が自分の中で決まっていれば、『その為に何をしなければならないか?』が分かってくるのだと思います。
早い段階で、結婚や出産も含め、キャリアについて考えてみてはいかがでしょうか?

女性が働きやすい環境を作るのは、女性自身が会社に無くてはならない存在であることをもっとアピールしていかなければなりません。
結婚や出産で社会を離れてしまい、社会復帰をしたくても環境が整わなくて、悔しい思いをしている人が沢山います。

だからこそ、早いうちに社会に必要とされる人材になり、会社が戻ってきて欲しいと思うキャリアをどんどんつけていきたいものですね。

キャリアウーマン

ファインズ東京では、主婦の方や色々な働き方を希望されている方に対応できるお仕事をご紹介していきます。

new & news