銭湯めぐりは楽し!!

土日の貴重な休日の過ごし方も年と共に・・・、生活環境の変化と共に・・・、家族構成の変化と共に・・変わりつつありますが、最近改めて銭湯めぐりにはまってます。大田区は東京23区の中でも1,2を争う銭湯の数は多い区で、黒湯と言われる源泉の風呂屋が多いです。自宅に風呂がある家が100%により近い昨今、銭湯に足を運ぶのは何故でしょう・・か。
自宅の風呂では味わえない広さ・風呂の種類・時間をかけてゆっくり、などが主な目的で皆さん銭湯に行っているみたいですね。不思議と家庭風呂では直ぐに冷え込んでしまいますが銭湯は長時間ホカホカでぬくもりが保てるのも魅力です。
我が家の近くにも4か所ほどあります。子供のころはあと3つありました。年々お客が減り、たたむ風呂屋がある中で、新たな目的で通い始める若者も出てきています。003s
風呂上がりの各種牛乳は格別なものがあり懐かしさも味わえます。ビールだけが全てではありません・・
地元界隈の銭湯はやはり風情があるし、昔からの社交場でもあったわけですしね。裸の付き合いは良いものです。
暑さ寒さも彼岸まで等の言葉もありますが、あと1か月もすれば桜も開花するでしょうし、銭湯のだいご味はやはり寒い時期に心底温まる事ではないかなと感じています。気持ちも安らぎますし。
                         紹介div 関根

new & news