音楽の話し

今回は人材紹介DIV宮田がお届けいたします。
はじめましてよろしくお願いします。

記念すべき?第一回は最近お気に入りのCDの話をツラツラとお届けします。
ややマニアックな内容になると思いますが、お付き合いくださいませ。

INO hidehumi 『NEW MORNING』

ジャケット

彼はフェンダーローズという、70年代の電子ピアノの原型と言われる鍵盤楽器のプレーヤーです。
自身をプロデュースするだけのレーベルも設立し、楽曲制作もほぼ一人で行っております。
・・・このあたりが職人気質が感じられ、非常に好感が持てます。笑

内容はというと、70%インストで打ち込みの楽曲ですが
ヴィンテージ楽器(前述のフェンダーローズ)のお蔭でしょうか?
非常にアコースティックな印象で耳あたりも良いです。曲調はメローですね。

更~に歌声・・・!も~ねぇ~ 南佳孝(古っ!しらね・・・)みたく、ちょっと鼻にかかった声色で
非常に色気があって、その点が今回ポチッた決定的な理由でした。

楽器は違えどプレーヤーが間違って歌っちゃうと、非常に残念な事になりがちですが
・・・誰とは言いませんがね・・・ええ・・・
彼には良い意味で裏切られましたよ。

最近では藤原ヒロシ氏とツアーしてるみたいなので生音が聞ける機会も多いのでは・・・

まだまだ梅雨は続きそうですが、雨音をバックに聞くなんてのもお薦めです。

次回は『夏目前!!休日の昼間からビールを飲むのに最高にお薦めな1枚』を予定してます。
ではでは

new & news